緑内障

緑内障(あおそこひ)- 英:glaucoma - とは

なぜ「緑」?別に目が緑色になる病気ではありません。
18世紀ヨーロッパでは「目の中が濁る病気」「濁る=緑色」というのが病名の由来です。

緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、2003年の調査では、日本人の20人に1人が緑内障と診断され、失明原因の第1位が緑内障となっています。

痛み・充血、視力低下を伴う急性なものもありますが、ほとんどの患者さんは痛くもかゆくもなんともない慢性のもので症状がありません。本人も気が付かないうちにゆっくり病気が進行し末期にならないと視野欠損や視力低下が自覚できない為、失明に至る場合もあります。

他の病気と違い、一度悪くなると元の視野・視力に戻らなので早期発見が大切になります。

緑内障の原因として、目の硬さ眼圧の上昇がその病因の一つと言われていますが最近では、眼圧が正常でも緑内障になる正常眼圧緑内障の患者さんもいます。

緑内障は早期発見、早期治療がとても有効です。是非、眼科での検査をおすすめします。眼底検査で視神経を観察すれば、症状が出る前に緑内障を発見することができます。

40歳を過ぎたら少なくても年に一回、定期的な定期検査をおすすめします。


もっと詳しく

なるほど納得!緑内障の情報サイト

治療

治療では失った視野や視力は回復できない為、病気の進行を遅くする治療を行います。具体的には、緑内障の原因因子である、眼圧を下げる治療をおこないます。点眼薬を使いますが、点眼薬で治療効果がない場合、レーザー治療や手術を行います。

このような症状の方は早期検査を受けてください。

  • 検診で視神経乳頭陥凹拡大 (緑内障疑い)と指摘されたことがある方
  • 物が二重に見えたり、物がゆがんで見える方
  • 視力低下がある方
  • 網膜の中心部に(黄斑)に病気のある方
  • 網膜に出血がある方

下の画像をクリックしていただきますとご案内がご覧頂けます。

緑内障、あなたは大丈夫?