白内障

白内障(しろそこひ)-英:cataract- とは

白内障になると、眼の中の「水晶体」と呼ばれるレンズが白っぽく濁り、物が二重に見えたり、ぼやけて見えたり、さらに進行すれば視力の低下などさまざまな症状が出てきます。 60歳代で70%、80歳以上になるとほぼ100%が白内障になると言われています。

糖尿病の方はは普通より年齢の10年分くらい進行が早いと言われています。
水晶体が徐々に濁り、少しずつゆっくりと白内障の症状は進んでいきます。進み具合は人によって違いますが、一度濁った水晶体は元通りの透明なレンズに戻ることはありません。

今のところ、濁った水晶体は手術で取り除いてしまうしか方法がないのです。

初期白内障 成熟白内障

日帰り白内障手術の特徴

手術時間も20分前後と短時間のため、患者さんの負担が少ないです。
※全身の病気・他の眼疾患等で入院施設での手術を勧める場合もございます。

日帰り白内障手術の手順表(PDF 5.6MB)

白内障手術後の注意事項(PDF 0.4MB)